スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンラインゲーム過去話 【共感できるということ編】

初めてギルドに入った次の日、この日もゲームへログインしていた。
しかもこの日はいつものような夜中のログインではない。
たまたま家族がパソコンを使用していなかったので、夕方から使うことができたのだ。
夜までずっと遊べる、と興奮していた。



ログインしてすぐギルドメンバーへ挨拶をする。
1、2人ログインしていたメンバーからも挨拶され、ギルドに入った実感とともにレベル上げへ向かう。
この時は、とあるフィールドで通称ゴキと呼ばれるモンスターを狩っていた。
ただ、ソロだからなのか強さが適正ではないからなのか、レベルの上がりが遅く感じていた。

今考えると、そこそこ適正な狩場であったのだが
オンラインゲームの経験がなかったこの時、家庭用ゲームのRPG基準で考えてしまっていたのだろう。
長期間遊ぶことが前提のオンラインゲームで、そう簡単にレベルが上がるはずなどないのだ。
ましてやこの時代のオンラインゲームのレベルを最大まで上げるためには、莫大な時間が必要だった。

そういった事情をまったく知らなかった僕は、ギルドメンバーに質問する。
「レベル上がるのが遅くなってきたのですが、どこかいい狩場ありませんか?」
そう聞くと、ギルドメンバーは少し悩みながら答えてくれる。
「うーん、イズルードの海底洞窟とかどうだろう?」
イズルードという街は前に行ったことがあるが、そこにダンジョンがあったなんて知らなかった。
僕は丁寧にお礼を言い、そこへ向かうことにした。



勧められた狩場で狩ること数十分、レベルの上がりに大幅な変化はないなと感じていた。
このゲームはこういうものなのかな、と思い黙々と狩り続けることにした。
そうしていると、ギルドメンバーの1人がログインしたことを知らせるログが流れる。
ログインした本人含め、それに気づいたメンバー達も口々に挨拶する。
「こん~」
「こんにちは。」
「こんにちは~」
当然僕も挨拶し、よくみれば知らない人だったので、初めましてと付け加える。
そうするとその人は少し驚いたように返事をする。
「お~!新しい人が入ったんだ~。ギルマスです、よろしくね」
え、マスター?とメンバー一覧を見るが、明らかに違う。
「あ、これサブキャラね」
なるほど、自分のキャラを複数入れることも出来るんだと納得する。
こうして僕はギルドマスターと出会ったのだった。



それからも僕は黙々と狩りを続ける。
その間マスターと他のメンバー達はゲーム内の色々な事を話していたが
僕は人見知りゆえ、話に入るのを躊躇っていた。
しかし不意に興味の惹かれる話題がでることになる。
「マスター昨日はいなかったけど、どうしたんですか?」
「いや~、ちょっと新しく買ったライトノベルに嵌っちゃってさ~」
衝撃を受ける思いだった。
ライトノベル、その単語がここで出るとは予想だにしなかった。

学校ではもちろん、現実世界でライトノベルという単語を他人に発することはまずありえない。
この頃の僕は、それぐらい自分の趣味にネガティブだった。
空いた時間があれば常にライトノベルを見ている、それぐらい大好きだったのだが
表紙のせいもあり、他人に対してこれが好きだと主張することを強く憚られる。
そんな感情を抱いていた。

それがここに来て、他人からその言葉を聞くとは思ってなかった。
僕は急いで入力する。
「マスターもライトノベルを見てるんですか!?」
「見てるよ~」
さも当然のように、恥ずかしげもなくマスターは答える。

その後も僕は他のメンバーなど忘れたように、マスターに話を振り続ける。
どの作品を見たことありますか。
その作品僕も見たことあります。
あの作品のヒロインが可愛くて。
やっぱりあのシーン良いですよね。
自分の大好きなライトノベルについて誰かと話すなんて、夢にも思わなかった。
当時、このマスターがライトノベルの話題を振り続ける僕をどう思ったかわからないが
僕はこの出会いを本当に嬉しく思い、感謝した。



異世界の住人になりきりたいと思っていた僕が
現実世界と同じ人の接し方にがっかりしていた僕が
こうやって現実世界の話をゲーム内でするのは、可笑しな話である。
でもこれもオンラインゲームの一つの魅力ではないかと、今は思う。

ゲームの世界を冒険し、その世界で楽しむ。
そもそも同じ想いでこの世界にやってきたのだ。
そんな同じ想いの人と同じ趣味、これほど共感出来ることは他にまずないだろう。
そのことに気付かせてくれたこのマスターには改めて感謝したい。

    ありがとうございます。



しかし出会いがあれば別れもある、理由はどうであれ僕もこのギルドを去る日が来るのだ……
それはまた別のお話。




続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

tag : オンラインゲーム ゲーム 雑記

プランの借金返済記その15 【凍えそうな季節に君は】

※会話劇、茶番要素が苦手な方はご注意ください。

前回までのあらすじ
プラン達は新たなフィールドに向かう、そのための準備を行っていた。
しかし待ち受けるのはアークス達が憎しみを向ける敵、ドゥドゥ。
プロでも初心者でも関係なく、その財産すべてを搾り取っていく最凶最悪の敵だった。
しっかりとドゥドゥの洗礼を受けつつ、凍土を目指すプラン達であった。


pso2_blog_20150831_001.jpg
プレイヤー「なんじゃこれはぁぁぁぁぁぁ!?

プラン「にしし、プランさんの魅力をわかってくれる人がいたって事だよ♪」

プレイヤー「何だお前の魅力って」

プラン「にゃ?可愛いとか、綺麗とか、カッコいいとか?」

プレイヤー「そして、そのイラつくところとかな(青筋を立てながら)


続きを読む

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

tag : ファンタシースターオンライン2 PSO2 ゲーム

オンラインゲーム過去話 【踏み出す一歩編】

オンラインゲームを始めて数日、1時頃までゲームをするという生活が続いていた。
昼間は学校があるし、夕方からゴールデンタイムまでは
家族の誰かがパソコンを使っているため、どうしても23時頃からしかプレイできなかったのだ。

そんな生活が続けば親にも当然言われる。
「前に言ってたゲームをやっているの?あまり夜遅くならないようにね」
僕は了承こそすれど早く寝るつもりはなかった。
ラグナロクオンラインに夢中で、1分1秒でも長くプレイしたかったからだ。


最初は日常と変わらない人との接し方に少し落ち込みもしたが、
多くの人がこの世界を冒険している    その事を考えると、やはり胸が高鳴った。

漫画やライトノベルの世界みたいな演技をするわけじゃない。
けれど一人の冒険者としてこの世界で生活している。
周りのキャラクターはコンピュータなんかじゃない。
全部プレイヤーで皆それぞれこの世界で冒険しているんだ。

そう想うと胸の高鳴りが止まらなかった。


この頃にはもうゲーム内で転職を済ませており、無事ソードマンとなっていた。
そして新たな目標も出来ていた。
その目標とは    《自分のギルドを結成する事》。

様々な冒険者が集まる世界なのだ、強くて有名な一団を結成したいと思うのは当然である。
しかも特にファンタジー系のライトノベルを読んでいた子供だったのだ。
弱きを助け悪を挫く、そんな一団のリーダーに憧れるのも無理ないだろう。

しかしギルド結成には、初心者にとって少々高価なアイテムが必要であり
ソードマンになりたての僕が人を集めても、まず集まらないだろう。
だからまずは別のギルドに入り、この世界をもっと知ることが重要だと考えた。


ゲーム内で誰かとコミュニケーションを取るのは初めてだったが
意を決してギルドメンバーを募集している広場へ赴く。
そしてウロウロしながら、適当に目についた募集チャット部屋へ入る。

初心者歓迎、職不問、マナー重視。
そんな誰もが言うような募集要項を掲げる、普通のギルドだった。
キャラを演じて話す必要はない、だから普通に話しかける。

「はじめまして、ギルドに入りたいのですが。」

答えは返ってくるのだろうか、と僕は緊張していた。
数秒後、僕が残したチャットログの下に行が追加される。

「いらっしゃいませ~、職とレベル教えてもらっていいですか?」

緊張で震える手を必死で抑え、自身のプロフィールを伝える。
その後に続く会話はもう憶えていないが
マナーはどうだとか、まだ人数少ないけどいいかとか、そんな内容だった気がする。
あと、募集してた人はサブマスターだったという事ぐらいだろうか。

こうして僕は初めてギルドに入団した。
7人くらいの小規模なギルドではあったが皆優しかった。
ギルドメンバー一覧に自身のキャラクターが載っているのを見てニヤけつつ
その日はゲームを終えた。

やはりオンラインゲームは人と接してこそ。
ギルドに入団したこの時が、本当の意味でオンラインゲームの世界に踏み出した瞬間だったと思う。


その後、僕はギルドのマスターと迎合し、色々と教えてもらうことになる。
当時も感謝したが、今でも感謝している。
ただ、僕は恩も返さないまま別れてしまうことになる……

それはまた別のお話。



続きを読む

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

tag : オンラインゲーム ゲーム 雑記

プランの借金返済記その14 【サブクラス解禁そして強化】

※会話劇、茶番要素が苦手な方はご注意ください。

前回までのあらすじ
ついに砂漠を踏破したプラン。
苦手な虫型ダーカー、そのボスであるグワナーダを撃破する。
次なる地へ向かう前に身支度をするプラン達であった。


pso2_blog_20150828_001.jpg
プラン「……」

(ドカッ)

「なにようかね」

(バキッ)

「そこかね」

(ドゴォ)

「素晴らしいな」

プラン「こいつが!こいつが私の稼いだメセタを!

プレイヤー「いいぞもっとやれ!


続きを読む

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

tag : ファンタシースターオンライン2 PSO2 ゲーム

オンラインゲーム過去話 【初めて抱いた感想編】

初めてのオンラインゲーム    ラグナロクオンラインをプレイしたのは、あくる日の夜中だった。
家族共用のパソコンにもかかわらず、無理を言って夕方からゲームをインストールしていたのだ。
昼間にはゲームの課金も済ませていた。
ラグナロクオンラインは月額課金のため、なけなしの小遣いでウェブマネーを購入してきたのだ。

ようやくゲームができる状態になったのは23時過ぎ、いつもなら寝ている時間だった。
だけど1秒でも早くラグナロクオンラインをやりたかった僕は
家族が寝静まった後だというのに、こっそり夜更かししていた。

そしてゲームを起動し、ログイン画面が表示される。
ファンタジー世界で冒険が出来る、と震える手でIDパスワードを入力した事を憶えている。
もちろんアカウントも女性キャラクターを作成できるように登録した。
このころはまだ《凛々しい女性の傭兵》になれると思っていたのだから。


僕がゲーム内で初めて降り立ったのは    首都プロンテラ。
所謂はじまりの街、たくさんのプレイヤーが集まる場所だった。

傭兵になるためにまず、ソードマン    剣士になると決めていた僕は
レベルを上げようと街の外を目指すことにした。
気分はもはや冒険者、外に出てモンスターを狩るんだ、と意気込んでいた。

外を目指す途中、最初に目についたのは
大きな通りにたくさんの人が集まっている光景。
人がたくさん集まっている、それなのに無言の人ばかりの光景だった。

この時既に僕は、想像していた世界と違うのでは、という疑問を抱いていた。
僕は《騒がしいくらい会話が飛び交っている》と思っていたのだ。

物を売り買いする人々の声、ダンジョンやフィールドの話をする声。
ガタイのいい戦士を演じる声、美しい僧侶を演じる声、無愛想な剣士を演じる声。
そして当然傭兵を斡旋する会話があると思っていたのだ。

淡々とゲームをしている    そんな印象を持ってしまった。


よく考えればゲームを始める前に気付いたかもしれない。
通りで大声を出せば迷惑だろうし、無愛想だと相手に嫌な思いをさせるかもしれない。
だから目立つことはしないし、余計な関わりは持たない。
どの世界でもそれは一緒なのだということに。

純粋だった僕はそのことにがっかりしていた。
非日常を求めていたのに、《人と人の接し方は日常と変わらない》のだから。

しかし今なお僕がPSO2や他のオンラインゲームを続けているのは
そんな日常と変わらない、人の繋がりがあってこそなのかもしれない。


何処であろうと人と接するマナーは守らなければいけない    そのことを僕は理解した。
でもこの先の未来で僕は大失敗をする。
理解していたはずだったのに……

それはまた別のお話。
この少し先で起こる出来事よりも、さらに未来のお話。




続きを読む

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

tag : オンラインゲーム ゲーム 雑記

プロフィール

みなづきん

Author:みなづきん
PC・家庭用問わず色々なゲームに挑戦するが飽きっぽさはお墨付き。
しかし、PSO2はそこそこ続いているようだ。
ちなみにPSO2はship8

1st:コン
メインキャラ。
戦闘力が一番高く最前線で頑張っている。
noImage

2nd:黒みな
主にチャレンジで活躍。
noImage

3rd:プラン
ブログ用のキャラ。
現在、借金返済中。
noImage

アクセス数
検索フォーム
リンク


RSSリンクの表示
フリー


PSO2サポーターズリンク

試しに登録してみました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。